ボルタレンやリリカカプセルの効果

ボルタレンやリリカカプセルの効果

ボルタレンやリリカカプセルの効果

坐骨神経痛の場合、薬物療法での治療が行われます。
消炎鎮痛剤や筋緊張弛緩薬が使われます。
主に、「ボルタレン」や「リリカカプセル」といった薬を薬物療法で用いられます。いずれも処方薬です。

 

ボルタレンとは、痛み止めとして処方される薬のことです。
炎症や痛みの元である体内物質のプロスタグランジンの量を減らす作用があり、炎症や痛みを軽減する効果があります。
錠剤タイプ・カプセルタイプ・座薬のほか、ゲルやローション、テープなどの種類があります。
効能はもちろんありますが、それに伴い副作用のリスクは付き物です。
ボルタレンの服用は就寝前に向いていません。服用後すぐ横になってしまうと、食道に停留してしまうので注意が必要です。
主な副作用としては、食欲不振や胃腸の不快感、胃痛、めまい、眠気などがあります。

 

リリカカプセルは中枢神経系のカルシウム流入を抑える作用があります。この作用によって、興奮性神経伝達物質の遊離も抑制し、神経の興奮を鎮めることで症状緩和になります。
主な副作用は眠気やフラつくなどの症状が見られるため、車の運転前などには服用を控えた方がよいでしょう。また、むくみや体重が増加した例もあります。