坐骨神経痛に良い入浴方法

坐骨神経痛に良い入浴方法

坐骨神経痛に良い入浴方法

坐骨神経痛の症状が出ているときにひとつ注意したいことが、入浴についてです。生活習慣の中では、姿勢や座り方、寝方に注意店があるように、お風呂の入り方も気を付けたい点があります。

 

一般的に坐骨神経痛の症状は温めると和らぐと言われています。血流が良くなることによって痛みが緩和されることから、温熱療法は有効とされています。ですから、基本的にお風呂に入ることは坐骨神経痛の対策になると言えます。

 

ただし、入り方に気を付けてください。まず、熱すぎるお湯はNGです。熱いお湯では刺激を与えるだけで内部まで温めることができません。37〜39度くらいの入浴が効果的です。じんわりと汗をかくくらい浸かることで内部がポカポカに温まり、血流が良くなっていきます。また、温かいお湯に浸かっては、シャワーの水で冷やす、またお風呂に入るなど、温めることと冷やすことを繰り返すことでも効果的です。

 

ただ、炎症が起きているときなどは入浴を控えるべきです。
お医者さんに相談し、入浴についても質問しておきましょう。