坐骨神経痛の主な治療法

坐骨神経痛の主な治療法

坐骨神経痛の主な治療法

坐骨神経痛と向き合い、症状を緩和していく治療法にはいくつかあります。

 

運動療法

坐骨神経痛の主な治療法

医師から指導されますが、適度に運動する習慣をつけることで筋力アップ、血流の促進で痛みを緩和するメカニズムになっています。

激しい運動は逆効果になる恐れもあるため、軽めのストレッチやウォーキングなどがすすめられます。
ただし、医師から運動禁止を命じられた場合には指示に従ってください。

薬物療法

坐骨神経痛の主な治療法

お薬での治療法です。薬物療法では、主に消炎鎮痛剤や筋緊張弛緩薬、プロスタグランジンなどを使用します。外用薬として湿布が処方されることもあります。

湿布は冷たいものと温かいものがあり、その使い分けは重要になるので、医師の指示に従ってください。

物理療法

坐骨神経痛の主な治療法

血流が悪くなったとき坐骨神経痛の症状が悪化します。

物理療法では、温熱療法などの施術を行います。温めたり、マッサージやマイクロウェーブ、牽引療法などによって血流を良くし痛みを和らげます。

神経ブロック療法

腰痛

ブロック注射のことで、鎖骨神経痛の痛みに対し有効な注射です。

交感神経の働きに作用し、あまりに痛みがひどいときに対応しています。


手術療法

坐骨神経痛の主な治療法

最後の手段として手術療法という選択肢があります。

痛み以外の症状が出ている場合に検討することになります。たとえば、強い麻痺や排便障害といった痛み以外の症状が出ているときに行います。
また、上記の治療法で効果が見られない場合にも手術を行うことがあります。