変形性腰椎症とは?

変形性腰椎症とは?

変形性腰椎症とは?

『変形腰椎症』という病気が、坐骨神経痛の元になっていることもあります。
変形腰椎症とは、‘腰部変形性脊椎症’とも言い、背骨の椎体同士の間にある椎間板が薄くなっている状態の病気で、主に加齢からくる変形が原因とされていまs。
歳をとると椎間板が変形し弱くなるために、このような状態が起こります。
変形腰椎症になると、坐骨神経が圧迫されてしまうため、坐骨神経痛を引き起こしてしまいます。

 

変形腰椎症による坐骨神経痛の対処法

 

変形腰椎症は放置していると悪化してしまいます。
進行すると腰部脊柱管狭窄症などの病気を発症してしまいます。
とはいえ、このような変形が起きたからといって、ずっと安静にしていると筋肉を使うことが減って筋力が低価し、さらに症状が悪化することもあります。
痛みがあるときはムリは禁物ですが、リハビリには運動が必要になります。
痛みがないときに適度に運動やストレッチを行って筋力をつけるようにしましょう。
また、痛みが出ているときは、温める方法が効果的な対処法です。
患部を温めると血流が良くなり、痛みが軽減されます。外側からカイロなどで温める方法もありますが、ゆったり入浴して身体の芯からポカポカに温まるのも適切な処置です。

 

他にも、痛みが強いときにはコルセットでの対処法もあります。

 

変形性腰椎症とは?

 

症状によって対処法にも違いがありますから、医師に相談し、指導に従ってください。