妊娠中は坐骨神経痛になりやすい?

妊娠中は坐骨神経痛になりやすい?

妊娠中は坐骨神経痛になりやすい?

女性は妊娠中に坐骨神経痛を引き起こすことがあります。妊娠前に比べても、妊娠中に発症するリスクが上がります。
原因を掘り下げていくと、女性の筋力の少なさに加え、大きなお腹で姿勢が悪くなり、重みも負担になることが要因と考えられます。

 

また、現在では、妊娠してもギリギリまで働く女性も少なくありません。そのため、椅子に座りっぱなしなどの状況から坐骨神経痛が出ることがあります。

 

妊娠中だからといって他の坐骨神経痛と症状は変わりありません。
お尻のあたりや下半身に痛みが出ます。

 

妊娠中はなかなか薬での治療を行うことができないため、物理療法が選ばれます。妊婦さんでもできる軽いストレッチやヨガなどで身体を調節し、痛みを緩和することができます。

 

ただし、妊娠中はとてもデリケートですから、どのような方法にしてもプロの指導を受けた方が安全です。