帯状疱疹とは?

帯状疱疹とは?

帯状疱疹とは?
坐骨神経痛はウイルス系の疾患とも密接な関係にあると言います。
『帯状疱疹』という病気も坐骨神経痛が関連する病気のひとつです。
帯状疱疹は、ヘルペスウイルスが招く病気です。一般的に水ぼうそうに一度かかると免疫がつきますが、生活の中の疲労やストレスの蓄積、加齢などでヘルペスウイルスが暴走し、脊髄神経節を通過して皮膚に達することにより、帯状疱疹を発症するとされています。
帯状疱疹になると、するどい激痛が起こると言われており、ウイルス症状が完治したあとでも、神経を傷つけ坐骨神経痛が慢性化することがあります。

 

帯状疱疹による坐骨神経痛の対処法

 

帯状疱疹を治すことが一番の最優先事項となります。
自然治癒を待つより、治療を行うことをおすすめします。
抗ウイルス薬などでウイルスの増殖を抑えることにより、症状の悪化も防げます。
もし原因ウイルスの増殖が進んでしまうと、脳炎や髄膜炎、顔面神経麻痺といった深刻な合併症を起こすこともあります。そうなると、必然的に坐骨神経痛の症状もひどくなる一方です。
また、帯状疱疹による皮膚の症状が落ち着いたあとは、坐骨神経痛のケアを始めてください。
適切なストレッチや運動法、生活習慣、効果的な医薬品などを用いて、痛みを和らげる工夫を行いましょう。