日ごろの食生活の注意点

日ごろの食生活の注意点

日ごろの食生活の注意点

坐骨神経痛の症状を緩和していくためには、生活習慣を見直す必要もあります。そこで注意したいのが、食生活です。

 

坐骨神経痛に良い食事、反対に悪い食事があります。薬物療法や、効果的な医薬品、ケアを行っていても悪い習慣が抜けないと坐骨神経痛の症状が回復しません。

 

もっとも、悪い食べ物というのが、動物性タンパク質や糖質、アルコールの摂り過ぎです。このような食生活を続けていると肥満にもなり、坐骨神経痛の症状が悪化する恐れがあります。

 

食生活の改善では、野菜をたっぷり取り入れるようにしましょう。
冷たいサラダよりは、温野菜や鍋、スープなどで野菜を取り入れることをおすすめします。

 

また、しょうがやニンニクなどの薬味も有効です。これらの食べ物を食生活に取り入れることにより、坐骨神経痛の緩和をサポートすることができます。

 

冷たい食べ物は身体を冷やすので痛みが増してしまうことがあります。反対に温かいものを食べるようにすると血流が良くなり、痛みを緩和します。