正しい姿勢とは?

正しい姿勢とは?

正しい姿勢とは?

坐骨神経痛の原因を探ると、生活の中に要素があります。
悪い姿勢がクセになっている方ほど、発症リスクが高くなります。
また、悪い姿勢を続けることで、痛みやしびれの症状も悪化してしまいます。
痛みを緩和していくためには、姿勢を正すことが重要です。

 

歩き方としては、背筋を伸ばすことが基本です。猫背にならないように気を付けましょう。

お尻に少し力を入れて背すじを伸ばし、顎を引いた姿勢で歩くことで腰などに負担をかけずに済みます。この姿勢をウォーキングをすると、なおかつ運動療法で痛みの緩和につながります。

座り方ですが、背もたれによりかかったり、浅く座るなどの姿勢は症状を悪化させます。

背すじを伸ばして深めに椅子にこしかけましょう。足を組んだり、あぐらなどもあまり良くはありません。
とくにデスクワークの方は座り方の姿勢に注意しましょう。

寝方ですが、仰向けで寝るよりも横向きで寝た方が正しい姿勢と言えます。

うつ伏せが一番悪いとされているので気を付けてください。
横向きになり、足の間にクッションを挟んで眠るようにすると、起きたときの痛みを和らげることができます。