気圧や天気と痛みの関係とは?

気圧や天気と痛みの関係とは?

気圧や天気と痛みの関係とは?

過去に事故などで外傷を負った方は、天気が悪い日や雨が降っていると、痛みが再発したり、痛みが増すことがあると言います。
それと同じように、坐骨神経痛の場合も気圧や天気との関係があると言われています。

 

まだ気圧や天気との関係は明確になっていませんが、坐骨神経痛の症状は気圧の変化が影響することが徐々に分かってきています。
低気圧になると、関節が膨張し痛みが出やすくなるとされています。
気温が低いときには血流が悪くなり、交感神経が刺激されて坐骨神経痛が悪化してしまいます。

 

このような日を乗り越えるためには、自己管理をいつもより徹底することです。
一枚多く着込んだり、室内の温度調節、ストレッチやマッサージなどでけあをしてください。