温湿布と冷湿布それぞれの効果

温湿布と冷湿布それぞれの効果

温湿布と冷湿布それぞれの効果

痛みがあるときの外側からのケアとして、湿布を使用することがありますが、湿布はきちんと正しく使い分けているでしょうか?
湿布は2種類あり、温める作用を持つ温湿布と、冷やす作用のある冷湿布があります。

 

一般的に冷湿布の方がポピュラーですが、これは炎症が起きているときに適したタイプです。
患部が炎症しているときには冷やすことで熱を引かせ、炎症を鎮めることができます。炎症しているときの痛みも、この湿布で緩和されます。

 

一方で温湿布は炎症が落ち着いたあとに効果的です。
基本的に坐骨神経痛には温湿布の方が有効です。物理療法で温めるケアを施すことがあります。それと同じで、温湿布で温めることにより血流を良くして痛みを緩和していくことができます。

 

また、湿布にはインドメタシンなどの薬が配合されているタイプがあります。痛み止めお効果が強いのですが、悪化させるリスクもあるので注意してください。必ず医師や薬剤師に相談してから使いましょう。
とくに妊娠中の女性はインドメタシンは控えるようにと言われています。