腰椎すべり症とは?

腰椎すべり症とは?

腰椎すべり症とは?
『腰椎すべり症』は、坐骨神経痛と関連した疾患のひとつです。
腰椎すべり症とは、簡単に言うと、腰椎のある位置がずれている状態です。
たとえば、生活での姿勢が悪いことや筋肉の衰えなどによって腰椎がずれてしまいます。
腰椎すべり症の場合、主な症状は痛みですが、ほとんど激痛が起こることはありません。
ただし、その腰椎すべり症によって坐骨神経痛が圧迫されると神経痛を引き起こして、痛みが増してしまいます。

 

腰椎すべり症による坐骨神経痛の対処法

 

腰椎すべり症そのものは、専門の医師によって指導を受けて治すようにしましょう。
整形外科や整骨院などが専門になります。
また、自宅でできるケア方法もあります。
たとえば、ストレッチやツボ押し、姿勢を見直すなど、生活習慣の中での工夫次第で痛みを緩和していくことができます。
ただ、このようなケアだけでは十分に効果を実感できない場合には、医薬品を使ってみると良いでしょう。
根本に働きかける坐骨神経痛に効能を持つ医薬品を使うようにしてください。