腰部脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症とは?

腰部脊柱管狭窄症とは?

坐骨神経痛は病気からくることもあり、『腰部脊柱管狭窄症』とも関連しています。
腰部脊柱管狭窄症とは、脊椎の脊柱管が狭まり、その中を通っている神経や血管が圧迫される病気のことです。
主な原因は、加齢とされており、ムリな姿勢などが腰部脊柱管狭窄症を引き起こします。
上記で触れたように神経が圧迫されているため、神経痛と密接な関係があり、坐骨神経痛を招くとされています。
一般的に後天的な病気ですが、生まれつき脊柱管が狭いこともあり、その場合は幼少のうち腰部脊柱管狭窄症が起こることもあります。

 

腰部脊柱管狭窄症による坐骨神経痛の対処法

 

まずは専門家に診てもらう必要があります。
腰部脊柱管狭窄症と診断された場合、姿勢に一番注意が必要です。反り返った姿勢が一番悪く、神経などを圧迫しやすくなるため、余計に痛みが出てしまいます。
一般的に神経痛は適度なストレッチによって痛みが緩和することが多いとされますが、腰部脊柱管狭窄症の場合はストレッチの内容によっては逆効果になるので注意してください。
適切なストレッチやツボ押しが効果的です。
また、日ごろからデスクワークなどで同じ姿勢を長時間続けている場合は、痛みが悪化しやすくなるので、適度に姿勢を変えるなどの工夫を行いましょう。

 

この病気は直すまでに時間を要するため、その都度、痛みと向き合うことになります。
ただ我慢ならない痛みは日常生活に影響してしまうので、痛みそのものを取り除く医薬品でケアしてもOKです。
たとえば、グルコンEX錠プラスという医薬品は直接的に患部に働きかける4大成分が配合されているので、痛みを取り除く助けになります。